効率的に韓国語を勉強するコツ|正しく理解して学習に活かそう

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

就職時にも有利

勉強道具

日本語の教師を目指している方、もしくは仕事時に正しい日本語の使用を求められている方などは日本語教育能力検定を取得しておくと良いかもしれません。こちらは、正しい日本語を身に付けているかどうかを試す検定です。この検定に合格して資格を取得すれば外国人に対して、日本語を教えることができるようになります。そのため、日本語教師を目指しているのであれば、取得しておいて損はないかと思われます。国家資格には該当しませんし日本語教師になるために、日本語教育能力検定に合格するのは必須ではありませんが、合格しておいた方が就職の際にプラスになることが予測されます。実際に、採用先の教育機関などでは、日本語教育能力検定合格者ということを応募条件としているところもあるようです。

日本語教育能力検定は特に受験資格がありません。受験の際に必要な費用は、約1万円だといわれています。願書受付期間は、夏ごろ「6~8月」です。当日でも消印有効ですが、期日を過ぎてしまうと受け付けてもらえないと予測できるので、受験応募をする際は期日に気を付けておきましょう。試験日は、受付期間から約二か月後の10月ごろです。それまでにしっかりと、勉強をしておくと良いです。勉強方法としては、正しい日本語を読書などによって培いつつ、参考書や教材なども活用すると良いでしょう。それから、日本語能力検定の過去問を解いてみるのも有効的です。効率的かつ実践的に学びたいのであれば、日本語学校に通ってみるのも一つの方法です。学校であれば、正しい日本語のプロである教師から教育を受けることができるので人気があります。